スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
    内田百閒 「ノラや」(名作ご紹介(1))
    こんばんは~!
    今日は以前からやりたかった内田百閒先生の著作「ノラや」のご紹介です。
    紹介漫画の割には、続きます~。

    noraya-01.jpg



    noraya-02.jpg



    noraya-03.jpg



    noraya-04.jpg



    noraya-05.jpg



    noraya-06.jpg



    noraya-07.jpg
    つづきます… その2   その3   その4(おわり)

    百閒先生の作品はどれもこれも面白くて、いつか自分で紹介漫画を描きたいな~と思っていたのですが、ここは猫漫画ブログなので、「ノラや」をご紹介する事にしました~。
    さらりと一回で終わらせるつもりだったのですが、ここは!という所を入れたら長くなってしまいました…。
    あと2、3回は続くと思います(^^;)
    ご存知の方もいらっしゃると思いますが、どうぞしばらくお付き合いくださいませ~。

    ■内田百閒 「ノラや」 1957年 文藝春秋新社より刊行

    ↓ブログランキングに参加中です。クリックするとランキングに反映されます~
      にほんブログ村 猫ブログへ
    ↑人気ブログランキング    にほんブログ村↑
    いつも応援ありがとうございます~!





    ツイッターとフェイスブックやってます。 
          
    スポンサーサイト
    [2014/11/17 18:22] | その他まんが | トラックバック(0) | コメント(12) | page top
    <<内田百閒「ノラや」(名作ご紹介(2)) | ホーム | わたしの知らない間に>>
    コメント
    そうか『ノラ屋』の発音じゃなくて『ノラや…』の感じなのねっ!
    名作なのにごめんなさいっ!
    お母さま恥ずかしーっ!ニャーッ❤

    お返事は気にしなくていいよんっ♪
    お大事にしてねっ!
    [2014/11/17 20:06] URL | くまさつお母さま #LFBiOYFc [ 編集 ]
    わぁ(*´▽`*)
    楽しみです(*^^*)

    内田さんの作品をまだ、読んだ事がないので、今からウキウキです(´∀`*)

    宜しくお願い致しますm(_ _)m

    [2014/11/17 20:19] URL | あーにゃん #- [ 編集 ]
    これは、なかなか、また新しいテイストな感じ
    でありますねえ^^
    ほんと、ふじもりさんのバリエーションと
    クオリティーの高さはスンバラシイでっスー!!!
    実は、シュークリーム好きな、へんくつおじさん
    という、とんでもないイメージしか無い先生なので
    (無知をお許しくださいませ!)
    ふじもりさんの紹介で、先生のイメージが
    がらり変わるのを期待してます^^
    [2014/11/17 23:13] URL | アチョスン #- [ 編集 ]
    本なのかな
    知らない本なのですが
    こういう感じの話なんだーと
    野良ネコさんでもこうやってお返事するんですね
    お返事する猫っていいな~
    うちの2匹はしないから^_^;
    [2014/11/18 00:48] URL | もちゅみ #kG.u18Tc [ 編集 ]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    [2014/11/18 03:38] | # [ 編集 ]
    つい2年ほど前に読みました。
    ノラが姿を消してからの先生の落胆に読んでいて
    涙が出ました。ホント、切ない気持ちになりました。
    私も猫が一晩行方不明になったときは夜を徹して
    探しましたし、気も狂わんばかりでした。
    しかし、ノラは自らの意思で失踪したのであり、
    雄の猫が求める自由奔放を楽しんでいたのかもです。
    猫はいつも自由で縛られないからこそ猫なのでしょう。


    [2014/11/18 07:10] URL | ohchangosinano #- [ 編集 ]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    [2014/11/18 07:13] | # [ 編集 ]
    こんにちは
    ノラちゃんの伝言が何だったのか
    考えながら 続きを 楽しみに 拝見しよーと思います
    [2014/11/18 08:39] URL | kotone #- [ 編集 ]
    百閒先生、私は読んだこと無いのですが、そのうち余裕が出来たら是非読んでみようと思います!
    続きも楽しみにしてます!
    腱鞘炎、無理なさらずにね~
    [2014/11/18 11:21] URL | おまゆ #- [ 編集 ]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    [2014/11/18 14:48] | # [ 編集 ]
    読んだことありません~~。
    でも、気になってサクサク検索~~。
    興味津々な内容です。
    猫に魅了された文豪さん。
    その後が気になります。 (≧▽≦)
    [2014/11/18 18:57] URL | なっつばー #- [ 編集 ]
    お返事
    お返事遅れてしまいまして大変申し訳ございません…!いつも有難うございます!

    >くまさつお母さま
    私も、百閒先生の本は他の代表的な作品から入って、「ノラや」はまだ知らなかったのですが、猫好きの人が挙げる名作に先生のこの作品が入っていて、それで知りました…(笑)
    お忙しいのに、いつも有難うございます~!


    >あーにゃんさんへ
    紹介漫画のはずか、プロローグダイジェスト漫画みたいになってきました(笑)
    あと少しで終了しますので、どうぞお付き合いくださいませ~(ぺこり)


    >アチョスンさんへ
    シュークリーム好きなへんくつおじさん
    ↑ほぼ合っていますっ!(笑)
    イメージががらりと変わるかは自信ないのですが(笑)、こんな一面もあるんだ~と読んで下されば嬉しいです♪


    >もちゅみさんへ
    そうです~日記形式の随筆です。
    呼んだらお返事してくれるっていいですよね♪
    うちの猫も滅多にしてくれません…(笑)


    >ohchangosinanoさんへ
    読まれていたのですね~!!♪
    ノラや仲間(勝手に命名)がいらして嬉しいです♪
    作中の落胆振りは、こちらも胸が痛くなります…。
    昭和のこの時代に、失踪した猫にここまでする人は百閒氏以外いなかったでしょうね。
    所謂ペットロスなのでしょうが、それを理解してくれる人も少なかった筈ですので、辛い事もあったのだろうなと思います。
    ohchangosinanoさんの猫も行方不明に…!?でも、一晩で見つかって本当に良かったです(TT)
    >猫はいつも自由で縛られないからこそ猫なのでしょう。
    ↑ノラはきっとそういう理由で姿をけしたのかもしれませんね。
    当時の悔やんでいる先生にお話したら、少しは気が楽になったかしら…なんて…。


    >Kotoneさんへ
    もう少しで終わりますので、どうぞそれまで宜しくお願い致します♪


    >おまゆさんへ
    すごく好みの分かれる本だと思いますが、猫の本などにご興味がありましたらおすすめです♪
    あと、日本屈指の模範的な(正しい)日本語を使われるので、文章の美しさも楽しめます~。(私が言うと説得力ありませんが)
    腱鞘炎、少しずつ良くなっております。有難うございます~!


    >なっつばーさんへ
    あとちょっとで紹介漫画終わりますので、それまでお付き合いどうぞ宜しくお願い致します~!
    この話、ある意味完結じゃないので、どう描こうかしら…って悩んでおります~!
    [2014/11/24 22:32] URL | ふじもり #- [ 編集 ]
    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバック URL
    http://yuruyurucomic.blog.fc2.com/tb.php/311-13751e6f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。