スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
    内田百閒「ノラや」(名作ご紹介(2))
    内田百閒著の「ノラや」ご紹介、前回の続きです~。
    noraya2-1.jpg



    noraya2-2.jpg



    noraya2-3.jpg



    noraya2-4.jpg



    noraya2-5.jpg



    noraya2-6.jpg



    noraya2-7.jpg



    noraya2-8.jpg



    noraya2-9.jpg



    noraya2-10.jpg



    noraya2-11.jpg
    前回のお話はこちらへ←    次のお話(その3)→   最後のお話(その4)→→

    ※「ノラや」は昭和32年に執筆されています。

    ノラとの馴れ初めは「ノラや」ではなく、「ノラや」が書かれる前の作品、「彼ハ猫デアル」に詳しく書かれています。
    今回はそちらから引っ張ってきました~。

    気合を入れて若干描き方を変えたのに、何にも変わらない出来栄えで自分でびっくりしました…
    のらずよりも時間が掛かって、更にびっくり…私は阿呆です。

    コメントのお返事が遅れておりまして、大変申し訳ございません。
    今しばらくお待ちくださいませ~!

    ↓ブログランキングに参加中です。クリックするとランキングに反映されます~
      にほんブログ村 猫ブログへ
    ↑人気ブログランキング    にほんブログ村↑
    いつも応援ありがとうございます~!





    ツイッターとフェイスブックやってます。 
          
    スポンサーサイト
    [2014/11/18 18:22] | その他まんが | トラックバック(0) | コメント(9) | page top
    <<しょうもないお話 | ホーム | 内田百閒 「ノラや」(名作ご紹介(1))>>
    コメント
    きゃー、お水の中へ(;´д`)

    でも、これがご縁になるんですね(´∀`*)
    次回も楽しみです(*´∀`*)

    お返事は大丈夫です(o´艸`)
    [2014/11/18 19:34] URL | あーにゃん #- [ 編集 ]
    いやいや雰囲気いつもと違いますよ!
    でも、時間はものすごくかかりそうです^^;
    指をいたわりつつ><
    のらずのニャンコ達も、まだまだ終わりたくないから
    色々とふじもりさんを、浮気させているのかも
    しれませんねえ^^
    (あっ、コメント、わたくしめ、返信は気にしないので
    ただ、凄いわ!!と思ったのだけお伝えしたい!
    すごいこれはプロです(≧∇≦))
    [2014/11/18 23:19] URL | アチョスン #- [ 編集 ]
    ちょうどここ数日

    内田百閒のことを考えておりました

    いつも楽しみに拝見しております v-286
    [2014/11/19 05:52] URL | ゲンタくんのパパ #- [ 編集 ]
    こんにちは
    仔猫の あどけなくて
    ちょこっと 間抜けっぽい 行動が
    人間の心を ぐっと 掴むのが
    よーく わかる お話でした
    [2014/11/19 09:02] URL | kotone #- [ 編集 ]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    [2014/11/19 14:29] | # [ 編集 ]
    承認待ちコメント
    このコメントは管理者の承認待ちです
    [2014/11/19 22:43] | # [ 編集 ]
    災い転じて福となす?
    ご縁ってこういうものなんですね。
    でも、見ててくれる時で良かったぁ~~、なんて小説なのに安心してしまったわ。 ( *´艸`)
    [2014/11/19 23:52] URL | なっつばー #- [ 編集 ]
    ふじもりさん、おはようございます♪
    ふじもりさんは、内田百聞という渋く地味な人をこんなに読み込まれていて、尊敬します。
    私なんて、内田百聞の感性が好き…って程度にしか知りませんもの。
    お若いのに、すごいです。
    しかし、お上手ですよね。
    ふじもりさんにお上手なんて言うのは失礼かもしれませんけど。

    「可哀想だからお見舞いにご飯でも…」
    ここが百聞先生らしいところだと思うのです。
    「お見舞い」ですよ!
    同じ目線を持てる人でなければ浮かばない言葉だと思うのです。

    気合を入れた分は、私にはちゃんと伝わりましたよ~♪
    [2014/11/20 11:13] URL | kakobox #r6uSoc5A [ 編集 ]
    ノラや 読んでます
    買いましたよ。アマゾンで。1円+送料
    漱石の文を読んでるみたいに思いました。

    漫画 楽しいですね。猫大好きな婆さまです。v-116
    [2014/11/21 20:32] URL | FUJI 75 #- [ 編集 ]
    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバック URL
    http://yuruyurucomic.blog.fc2.com/tb.php/312-51dc0698
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。