スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
    内田百閒「ノラや」(名作ご紹介(4))
    内田百閒著「ノラや」ご紹介漫画、今回で終了です~

    前回からの続き
    noraya4-01.jpg



    noraya4-02.jpg



    noraya4-03.jpg



    noraya4-04.jpg



    noraya4-05.jpg



    noraya4-06.jpg



    noraya4-07.jpg



    noraya4-08.jpg



    noraya4-09.jpg



    noraya4-10.jpg







    noraya4-11.jpg



    noraya4-12.jpg



    noraya4-13.jpg



    noraya4-14.jpg



    noraya4-15.jpg



    noraya4-16.jpg
    ノラやご紹介→ その1   その2   その3

    と言うわけで、「ノラや」は百閒先生の愛猫ノラが失踪し、百閒先生(と周りの方々)が必死の捜索をしつつ、ノラがいた日の事を思い浮かべては涙するという日記風の随筆です。
    捜索のチラシを発行したり保健所や交番に届けたりと、現代では当然の捜索方法なのですが、これが昭和30年代に起きた事だと思うと、すごいなぁ…と。百閒先生の悲嘆ぶりも、ペットロスなんて言葉もない時代ですし、百閒先生はノラ捜索以外にも大変な思いをされたのではないかと思います。

    ご興味を持たれた方は是非一度読んでみてくださいませ~!

    (※私の描いたこの紹介漫画は資料とか集めてきちんと考察したものではないので、先生およびこひ夫人の服装や家の中など細かいところはスルーしてやってくださいませ~・笑)
    ノラはたぶん トラ柄茶白トビではないのかな…と思っています。

    描いていてとても愉しかったです。
    あぁやっぱり百閒先生大好き。
    皆様お付き合いくださいましてどうも有り難うございました!

    ↓ブログランキングに参加中です。クリックするとランキングに反映されます~
      にほんブログ村 猫ブログへ
    ↑人気ブログランキング    にほんブログ村↑
    いつも応援ありがとうございます~!





    ツイッターとフェイスブックやってます。 
          
    スポンサーサイト
    [2014/11/22 20:01] | その他まんが | トラックバック(0) | コメント(17) | page top
    <<フラグブレイカー | ホーム | 内田百閒「ノラや」(名作ご紹介(3))>>
    コメント
    うぅぅ(╥﹏╥)
    泣いちゃいました(T-T*)

    愛猫が可愛くて可愛くてってお話かと思ったら‥‥(´;ω;`)

    でも、とっても愛して可愛がってらしたんですね(´ω`)
    大切な家族ですもんね(´▽`*)

    [2014/11/22 20:59] URL | あーにゃん #- [ 編集 ]
    ふじもりさん、こんばんは♪
    前回の、尻尾ぽんぽんの表情、すばらしいです。
    ふじもりさんはもう天才!
    言葉もありません。
    さすが~。

    うわ、来たーって感じ。
    内田百聞先生の嘆き、悲しみが、つらくてね~。
    しろちゃんと暮らす前からつらかったけど、今では怖くて読めないってほと身につまされます。
    そうですよね、今では当たり前ですが、当時としたら、相当珍しいことですね。
    猫の捜索にここまですることと、大の大人が身も世もなく嘆き悲しむことと、当時は非難轟々だったでしょう。
    自分の道を貫いてしかも堂々としているって、こういうことなのですよね。
    そうありたいな~。

    きっと地味な内田百聞先生の本が、にわかに売れ出すかもしれませんね。
    ふじもりさんのおかげで…。

    [2014/11/22 21:22] URL | kakobox #r6uSoc5A [ 編集 ]
    おお~愛しのノラや T T
    切ないですねえ…
    しっかし今回のノラちゃんの、お顔にスリスリされた
    時の顔が、ほんとに無垢でかわいらし~

    だから余計に切ないですねえ…
    [2014/11/22 22:39] URL | アチョスン #- [ 編集 ]
    ううぅっ。
    これだけで涙でそう・・・。
    今も昔も感情は一緒なんですよね。

    夫に、私はペットロスになるって言われています。
    いつかはくる別れ。
    考えたくないですよね。

    本読んでみます。
    泣いちゃうかな?
    [2014/11/22 22:57] URL | みかん #- [ 編集 ]
    思わず涙が零れ落ちる・・・。
    そんな感情が手に取るようにわかります。
    ずっと前にあったCM,「民子」を思い出しました。
    知ってますか? 
    古いからなぁ・・・。
    [2014/11/22 23:53] URL | なっつばー #- [ 編集 ]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    [2014/11/23 04:36] | # [ 編集 ]
    百閒先生が”あの顔”で泣いているのを想像するだけで泣けてきます

    大佛次郎も猫好きでした

    私は昔は超犬派でしたが、いまではすっかり猫派です (^o^)v

    [2014/11/23 08:34] URL | ゲンタくんのパパ #- [ 編集 ]
    はじめまして。いつも楽しく拝見しています!
    『ノラや』大ファンです。
    英語のチラシまで作ってたんですよね?!
    ノラへの愛情深さがとても印象的な本でした。
    それが!ここに漫画でよみがえり、しかも心象イメージとギャップなくすんなり入ってきます!

    これからも楽しみにしています。

    ハニーちゃんのことも書いてくださいね♪
    [2014/11/23 08:34] URL | めいママ #- [ 編集 ]
    こんにちは
    愛猫が
    自分の前から 姿を消してしまうと
    色んな姿が あらゆる場面で 浮かんで
    涙が流れますね・・・
    [2014/11/23 09:39] URL | kotone #- [ 編集 ]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    [2014/11/23 14:22] | # [ 編集 ]
    ノラや、大筋は知っているのですが
    読んだことないです。
    もう号泣するのがわかってるというか…。

    しかし、ふじもりさんの漫画で
    既に泣いてしまったし、
    これは読むしかない…。(´Д`)

    小さな愛しい家族、
    いなくなることを想像するだけで
    喉の奥がきゅーっとなります。

    間にハニーちゃんが入ってたのが
    むしろよかったです…。(´∇`)
    [2014/11/23 16:41] URL | らら子 #- [ 編集 ]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    [2014/11/23 17:54] | # [ 編集 ]
    行方がわからない…というのは本当に辛いだろうなぁと思うのよね…。
    迷い猫ちゃんたちのビラなども目にするだけで切なくなります。
    家族を亡くすのはとても哀しいことだけど、看取れるというのは恵まれているのかもしれないわね…。
    [2014/11/23 18:58] URL | くまさつお母さま #LFBiOYFc [ 編集 ]
    うーん、この気持ち凄くわかる・・・

    先日保護した子も、
    数日姿を見ない時はすごく不安でしたから


    このリアルな描写、スゴイですね~
    [2014/11/24 01:32] URL | toranyansan #- [ 編集 ]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    [2014/11/24 09:20] | # [ 編集 ]
    プーねこという漫画にこれを元にした
    パロディが載っていて内容こそ
    笑いにしてありますが、先生に
    会えなくなったノラの方も、
    それは悲しく心細い思いをしたことだろうなぁ…と…
    いまはもう虹の橋で再会できたことと思います。
    幸せに、楽しく賑やかに過ごしているといいなぁ。
    [2014/11/24 16:06] URL | エスちーのママ #SFo5/nok [ 編集 ]
    お返事
    御返事が大変遅くなっておりまして申し訳ございません…!!
    みなさまいつも有難うございます!

    >あーにゃんさんへ
    そうなのです、はじめは愛猫の可愛い日常を綴っているのかと思って読み進めていたら…
    大事な家族の一員ですものね。
    この時代にそういう考えの方って少数派だと思うのです~。


    >kakoboxさんへ
    怖くて読めないっていうの、分かります~。
    kakoboxさんはしろちゃんの脱走も御経験されておりますから余計ですよね…。
    私も読んでいて辛かったのですが、愛猫が迷子になってしまった(なった事のある)方は、百閒先生の書かれる一文一文がどれもリアルに感じられてしまうのでは…と…。
    私も百閒先生のようにありたいな~と思いますが、まだまだ先は長そうです(汗)
    本が売れてくれたら、飛び切り嬉しいです♪


    >アチョスンさんへ
    百閒先生はノラちゃんについて書かれる前は、鳥以外の動物に対して(鳥好きで有名なのです)そんなに動物好きといったイメージが無いので、「ノラや」を読み進めていてノラちゃんに頬を寄せる情景はすごく印象深かったです。
    だからこそ切ないですよね…


    >みかんさんへ
    時代が変わっても愛猫に対する感情って変わりませんよね。
    私もいつかはくる別れを考えたくなくて、考えないようにしています…。
    本は…他にも猫に関するお話が収録されているのですが…泣いちゃうかも!


    >なっつばーさんへ
    民子、聞いたことある~と思って検索しました。
    憶えております!!久しぶりに観ました~。
    あれ、CM後に本になったみたいですね。ちょっと気になります~。


    >ゲンタくんのパパさんへ
    そうなのですよね…!
    あの大入道が人目も憚らず(憚ってはいるけど丸見え)泣いているだなんて、こっちが泣けてきてしまいます。
    大佛次郎、恥ずかしながら存じ上げなかったので検索致しました→すごい猫好きで驚きました!
    ゲンタくんのパパさんを猫派にしてくれて、キジーちゃん有難う♪


    >めいママさんへ
    初めまして!
    ノラやファンですか~、嬉しいです~!!
    そうですね、英語版の作ってましたね。あと、子供版も…!
    めいママさんのノラやのイメージとギャップなくすんなり受け入れて頂けて嬉しいです♪
    どうぞこれからも宜しくお願い致します~!


    >kotoneさんへ
    その後どうしているだろうかとか、居た時はこうだったとか、いろいろ考えてしまいますよね。
    私も同じ事になったら、堪えられないと思います…。


    >らら子さんへ
    私の場合予備知識無しで読んだので、はじめはノラちゃんがどうなるのか気になって泣く余裕が無かったのですが、一読してから更に読んでみて、泣いてしまいました~。
    大体一緒に収録されている「クルやお前か」というのもハンカチ必須です…!
    愛猫がいなくなるだなんて、一生あって欲しくないですよね。


    >くまさつお母さまへ
    百閒先生と全く同じ事を仰られている…!!
    行方知らずのままだなんて、一生心残りになりますよね。


    >toranyansanさんへ
    ブログで報告されていたニャンコの事ですよね。
    いつもいたのに姿がなくなると、心配でたまりませんよね…。
    敬愛する百閒先生のお話なので、もっと書き込みたかったのですが、限られた時間内ではこれが精一杯でした~。有難うございます!


    >エスチーのママさんへ
    ノラの心はどうだったのでしょうね…。
    百閒先生、ノラに虹の橋で訊けたかな…。
    もう一匹猫を飼ってらしたので、御夫婦と、二匹で幸せに過ごしているといいですね…。
    [2014/11/29 06:46] URL | ふじもり #- [ 編集 ]
    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバック URL
    http://yuruyurucomic.blog.fc2.com/tb.php/316-ba35d899
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。